美容ライターまる子、ほんとのところ。

メイク、アンチエイジング、スキンケア。本当にイイと思ったビューティーネタだけ、寄せ集め。

THREEの目力アイシャドウ、塗り方を公開!

まぶたに淡いトーンのアイシャドウを一色。。。
そんな海外セレブのようなエフォートレスなメイクにも憧れますが、何せ顔のつくりが全然違うので、淡い単色シャドウだけで終わりなんて無理。
けれども、シメ色シャドウで目のキワをいかにも引き締めたメイクというのも、古い印象を与えます。

シメたようには見せたくない、でも目元の骨格が立体的にみえて、狙わないけれど目力があるというのに憧れます。。。
きっと同じようなアイメイクの悩みをお持ちの方も多いのでは?

f:id:beautywritermaruko:20171108165535p:plain


そんな憧れのアイメイクをしたいなら、断然おすすめしたいのが THREE(スリー)の4Dプラスアイパレットです。これは04番。
ただの4色アイシャドウではありません。特にユニークなのが質感。

 

 

f:id:beautywritermaruko:20171108165609p:plain


1 クリームシャドウで骨格を仕込む。

まず右上の練りシャドウが最高におしゃれにまぶたにフィット。ダークカラーだけど透け感があり、決して重たい印象にはなりません。
これを上まぶたの丸みに沿って指でなじませれば、それだけで力み感ゼロなのに目元が立体的に。

2 キワを自然と引き締めて、優しいけど目力を。

次に左下の濃いめのカーキカラーをまつげの生え際にブラシでのせていきます。夜のお出かけには重ね付け、昼間は軽くぼかす程度に。

 

3 上まぶたの中央や、目頭に抜け感をプラス。

あとは上まぶたの中央に左上の明るめのトーン、目頭には右下のハイライトカラーで少し抜け感を。これらは本当にサラッと一度塗りするくらいが個人的に好きです。

いかにも4色も使って頑張った目元ではなく、全体的に一体感がありながら、フラットな骨格が瞬時に立体的に。
そして4つの異なる質感で、重ねても全く濁らないのがすごいところ。


ブラウン系バージョンを使い切ってしまい、少し冒険してみようと思って今はカーキトーンを愛用しています。目元にのせると、一見ブラウンにみえますが、よくみるとブラウンより透明感があるかも、と思わせる絶妙な発色です。

アイメイク、頑張ってる感なく、印象的な目元がこのパレットひとつで完成します。