美容ライターまる子、ほんとのところ。

メイク、アンチエイジング、スキンケア。本当にイイと思ったビューティーネタだけ、寄せ集め。

ユヨンの天才っぷりが止まらない。実は海外育ちのグローバル女子。次なるキムヨナと大注目!

今、韓国のみならず、世界で大注目の天才13歳フィギュアスケーター、ユヨン。

まだあどけなさが残る彼女ですが、ネクスト・キムヨナとして話題を集めているんです。

 

f:id:beautywritermaruko:20171014112141j:plain

photo: globetrotting by philip より。

 

 

 

●注目のきっかけは?

ユヨンが注目されるきっかけとなったのが、11歳の時。わずか11歳8ヵ月で、彼女は韓国の国民選手権で最年少優勝を果たす。2003年に12歳7ヶ月で優勝した世界的フィギュアスケーターのキム・ユナの記録を破ったんです! 

 

なんとキムヨナのバンクーバー五輪での演技を見て、スケートを始めたというから、彼女がいかに若いかと改めて感じずにはいられない。

 

●グローバルな環境で育った幼少期。

父親の仕事の関係で、インドネシアやシンガポールで幼少期を過ごしたという彼女。どこかインターナショナルな雰囲気や、強いメンタルは、そんなバックグラウンドが関係しているのかもしれない。とはいえ、そこは南国。スケートを習ってはいたものの、満足のいくコーチに出会えるチャンスも、限られていた。

 

幼少期は、毎日キムヨナのビデオを見ながらジャンプの練習をしていたという。自己トレーニングも加えながらスケーターを目指す日々。そして2013年の韓国帰国とともに、ようやく本格的なフィギュアスケートのコーチの元で稽古をする環境が整ったそう。

 

って、まだ4年しか経っていないのです!!

恐るべし天才っぷり。

 

ですが、その時点で彼女は母国語である韓国語より、英語の方がずっと得意だったから、韓国の学校になじむことから試練だった。さらに体力の限界まで求められる1日8時間の稽古。

 

それでもやっぱり底力のある天才少女は諦めることなく、メキメキと自信をつけていったのだとか。

f:id:beautywritermaruko:20171014112214j:plainphoto: globetrotting by philip より。

 

●完成度の高いテクニック、演技力のほどは?

キムヨナの演技を研究しまくったというだけあり、13歳にしてすでに色気さえ感じさせる圧巻の演技。もちろん、まだ伸びしろははあるけれど、この若さでこのテクニックと演技力、加えて美しいプロポーション! 

 

小さな頭、スラリとのびた細いのに引き締まった脚! 体格からして、スケートの神様が味方してくれていますね。 韓国人独特のツルッツルなお肌も羨ましい!

 

個人的には、動きと動きの間のステップや、ジャンプの後のスケーティングへの流れと首の使い方にもう少しなめらかさと余裕が生まれたら、もうキムヨナレベルまでいくのではないかと思っている。

 

残念なことに、次の2018年平昌五輪には年齢制限の関係で、出場ならず。けれども、2022年の北京五輪で素晴らしい演技を見せてくれるはず! 美少女好きな私としては、今から楽しみでたまらない。

 

●動画にて、踊るユヨンをチェック!

Korean Nationals2017の白鳥の湖では、完璧なジャンプ、情緒的な踊りで会場を盛り上げた。演技終了後には涙もみせていた。

 

www.youtube.com

 

そしてこれが↓、先日のJGP Zagreb2017ショートプログラムの演技。一気に背が伸びて、スタイルの良さが半端なく際立っています!! 短期間で体が大人になりすぎて、まだ筋力がついていけていない部分も感じますね。ここからが踏ん張りどき。

 

バランス感覚が重要なフォギュアスケートにおいて、あまりに急激な成長はジャンプに大きな影響を及ぼす。また、脚を高く上げてから下ろす際に使う筋力は、脚が1センチ長くなるだけでも、相当な違いが出てくると言われている。

 

けれども、ジャジーな音楽に合わせて、歌うように踊る体の動きや、観客を惹きつける表現力は、この数ヶ月で格段にアップしてきているのがよく分かる!

 

どうにかキレの良いジャンプで突き進んで欲しいところ!

 

www.youtube.com