美容ライターまる子、ほんとのところ。

メイク、アンチエイジング、スキンケア。本当にイイと思ったビューティーネタだけ、寄せ集め。

美容ライターが語る、失敗しないVIO脱毛のために知っておくべきこと。

今話題の脱毛といえば、VIO脱毛。もちろん美容の仕事をしている私も経験済みです。

今日は、私の脱毛体験について一例ですが、お伝えします。

 

  • サロン(エステ)でやるか、クリニックでやるか、について

 

これは色々なサイトでも言われていますが、断然クリニックをおすすめします。

やはり、サロンで扱えるものとは、マシーンのパワーが全く違うので、その分早く済みます。サロンで脱毛をしている周りの人の話を聞くと、20回くらい通ったのに、ほとんど変わらない、とか料金は安いけど、全然予約がとれないシステム、などという話も聞きます。

 

  • 回数と痛みについて

 

クリニックの料金プランをみると、3回や5回で組まれているところが多いように思います。ですが、3回ではまず終わりません。そして正直、5回でも厳しいです。完璧を求めるなら10回、まあまあでよいなら8回くらいでしょうか。もちろん毛量にもよるとは思いますが。

 

f:id:beautywritermaruko:20171014183835j:plain

  • 痛みについて

 

これもよく聞かれますが、痛くないはずがありません

もし今受けている脱毛施術が、ほとんど痛くないという人がいたら、それは永遠に時間がかかるタイプの脱毛かも。黒い色に反応して、毛根に効かせていくものになるので、そんなにマイルドなはずがないのです。

 

痛いのは、辛い。「とにかく痛がりなんです、私!」という方がいたら、おすすめはロキソニン。ウェブなどで購入が簡単な上、効き目も早いです。飲んでから、40分くらいはあけて、施術を受けるのがいいと思います。もしロキソニンが手に入らなかったら、他の鎮痛剤でもいいので、飲むと20%くらいは楽になります。

 

私の通っていたクリニックでは、施術前に麻酔テープを貼ってくれました。そんな痛みのケアをしてくれるクリニックだと、安心ですよね。ま、麻酔テープ貼っても痛いですけどね。

 

あとは冷やしのテク。上手な施術者だと、マシーンをバーンと当ててから冷やすまでが瞬間ワザで、これが早いかとろいかでかなり痛みが変わってきます。かつ、冷やす際に、やさしく当てるのではなく、少し押すようにしてもらうと、なお良しです。

 

もし、冷やしが遅い方がいたら、「可能なら、もう少し瞬時に冷やしてもらえないでしょうか」とお伝えするのも良いかもしれません。

 

  • 形について

 

日本で生活する上で、全部ナシのツルンツルンというのも、何かと目立ってしまいます。温泉やプールは頻繁には行かないですが、男性にドン引きされてしまうのは困りますね。私の場合、もう少し小さくすればよかったなと、少々後悔しているのが、形の問題。

 

たとえば、「人差し指2本分にしてください」とお願いしても、決してその幅にはならないのです。根元の方が人差し指2本文であっても、毛というのは横にも広がるので、引きで見た感覚としては、もっと広く見えてしまうんです。

 

小さめデザインのショーツを履くときなど、気になって仕方がない。

 

なので、人差し指1本分か、それより狭いくらい、フロント部分にほんの少しだけ残っているようなシェイプでオーダーすれば良かったなと、今更ながら、ちょっぴり後悔しています。自分が伝えた形より、少し大きくなって仕上がるということを念頭に置いて、デザイニングされるのをおすすめします。

 

私の場合は、そのあたりの微調整をしたいサマーシーズンには、先日紹介したブラジリアンワックスサロンのピュビケアに行くというワケです。

 

 

もしも、脱毛をしようかどうしようか悩んでいる方がいたら、「ぜひ、やった方がいいよ!」と声をかけてあげたい。

ジムなどで、ときどき毛むくじゃらな人を見かけると、決して美しい印象ではありません。そして、脱毛をすることで、なぜだかちょっぴり自分に自信が持てます。ずっと隠してきたコンプレックスがひとつ減る感じに近いものが。

 

余談ですが、先日こんな記事を見つけました。キッズ脱毛?? 幼稚園、小学生はさすがに早いのでは? と思いますが。。。 

 

すごい世の中になってきましたね。

 

 

trendy.nikkeibp.co.jp