美容ライターまる子、ほんとのところ。

メイク、アンチエイジング、スキンケア。本当にイイと思ったビューティーネタだけ、寄せ集め。

シュウウエムラのビューラーで、「まつげ長いですね」と言われるように。

まつげメイクの仕上がりは、マスカラが全てと思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません! もちろん、マスカラも大切ですが、ベースのまつげが綺麗にカールアップするかどうかは、ビューラーが鍵を握っています

 

f:id:beautywritermaruko:20171003230513p:image

●扇形の理想の美まつげは、ビューラーが肝心!

試行錯誤の結果、最近はシュウウエムラのアイラッシュカーラーにハマり中。

私のまつげは特別長いわけでもなければ、量が多いということもなく、ごくごく平均的な日本人に多いまつげだと思います。(メイクさんにもそう言われます)

 


ですが、シュウウエムラのビューラーでまつげの根元をはさみ、キュッともちあげると、それはまあ綺麗な扇形にまつげが開き、目が確実に大きく見えます。
目がイキイキして見えると、全体的な印象も若くみえますよね。

 

●ビューラー選びのポイントは、ゴムの弾力とテンションのかかりやすさ。

実はこのビューラーを使い出してから、「まつげ長いですね」と言われるようになったんです。こんなこと、今までなかったなぁ。本当は全然長くないのですが、根元からカールがつくようになったので、まるで生まれつきまつげが長い人のように見せてくれます。

使い方のポイントは、まつげの根元の方をグッとはさみ、やや引くように軽くテンションをかけながら持ち上げること
カチカチと何度も挟まず、1〜2回の挟みで終了。これだけですが、このシュウウエムラのビューラーを使うかどうかで、目周りの印象が全く違ってきます。

 

f:id:beautywritermaruko:20171003230529p:image


ビューラーって、ものによっては、まつげに折れたようなあとがついてしまったり、ヘッド部分の金属が軽すぎたりゴムが柔らかすぎたりしてテンションがかかりにくい(資生堂は私には軽すぎる・・・)などの問題で、カールがつきにくい。

 

けれども、シュウウエムラは全てが丁度よくて使いやすい。
適度に弾力のあるゴムのおかげで、力を入れずにキュンと上向きまつげが完成します。

カーブはわりと緩やかで、多くの日本人の目の形にフィット。

このビューラーを使い出してから、透明マスカラを使うこともあるくらい! ビューラーだけでかなりの目力が出せるんです。