美容ライターまる子、ほんとのところ。

メイク、アンチエイジング、スキンケア。本当にイイと思ったビューティーネタだけ、寄せ集め。

クリニークの超保湿ジェルで終日うる肌。

1988年に誕生して以来、長い間愛され続けているのがクリニークのモイスチャーサージ 72 ハイドレーター。今年新たに保湿力の持続がアップしてリニューアルを果たしました!

 

f:id:beautywritermaruko:20180409175604j:image

 

ぷるぷるのジェルタイプで、肌の乾きを瞬時に解消。ヒアルロン酸やグリセリンなどの保湿成分を配合し、乾燥でゴワゴワした肌も滑らかしっとりな質感に。アロエベラの葉水を配合したジェルが、長時間水分が満ちた状態の肌に導いてくれます。

 

シーズン問わずに使えますが、これからやってくる紫外線が気になる季節。うっかり長く日に当たってしまった日の夜は、この冷んやりジェルで鎮静&保水、保湿のケアをたっぷりしてあげたいと思っています。

 

スキンケアクリームの重さが苦手、化粧水っぽいみずみずしい質感が好きという人は、特にハマるであろう、気持ちのいいテクスチャーです。

 

 

 

敏感肌用、ディセンシアのCCクリームがこの春リニューアル!

化粧品業界で躍進し続けるポーラグループ。研究やコンセプトの斬新さと確かな効果にファン急増中かと思いますが、そんなポーラグループの敏感肌向けブランドとしてジワジワと人気を集めているのがディセンシアです。

 

この春、スキンケアとCCクリームが新しく生まれ変わるのですが、このCCクリームがまた本当に綺麗! CCクリームって、なんだか色が合わない、パサつく、なんてイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、騙されたと思って使ってみる価値ありです。

 

ディセンシア サエル ホワイト CCクリーム コンセントレート SPF50+ PA++++! 3月26日発売。

 

f:id:beautywritermaruko:20180223133734p:image

 

花粉やら、大気汚染やらで、この時期肌が揺らぐ人も多いはず。ファンデは少し負担だな、でもすっぴんはマズイなという方がいたら、まずはトライを。これひとつで紫外線対策と肌トラブルカバーができてしまう、ありがたーいアイテムです。

 

これだけ紫外線対策ができていながら、肌が重く見えない光カバーな質感。透明感あふれる肌にみせながら、気持ち的にはすごく軽やか。だって敏感肌向けなだけあって、ライトな使い心地なんだもの。

 

オウゴン根エキスが刺激因子の発生を抑えて、いちいち過敏に反応しない肌に導きます。肌のバリア機能を高めつつ、絶妙に光を反射してクリアな肌に。適度なカバー力もあり、本当に頼もしい!

ルナソルの2018年春夏新アイシャドウを、早速使ってみた!

この時期、ルナソルが限定で発売しているマカロンシリーズの一部をご紹介!この見た目の可愛さで、メイクをする瞬間をハッピーにしてくれます。

f:id:beautywritermaruko:20180204120657p:plain

限定単色アイシャドウのルナソル マカロン ニュアンスアイズは8色の展開。ベージュ系のバニラと、コーラル系のマンゴーは、肌なじみながらほんのすこしだけ骨格を出したい、フェミニンなニュアンスをプラスしたいというときにぴったり。

 

しっとり軽やかでフィット感抜群のパウダーなので、テクニックがなくても綺麗にまぶたを彩ります。

 

そしてルナソルと言えば、定番人気のアイシャドウパレット。今回はルナソル マカロングロウアイズという名で4種類の展開。ウォームトーンシャドウの人気が続く中で、写真の01番は、一番今年らしい組み合わせだと思います。

f:id:beautywritermaruko:20180204120722p:plain

透明感の高いパウダーで、重ねても濁らず、瞳の輝きも強調してくれます。今回のシリーズは特にしっとりフィットして、ギラギラ感もゼロなので大人でも本当に使いやすい! 

 

 

01番は色名カシスという名の通り、ほのかに赤みを帯びたまぶたを作ることができ、女度も上がりますね。ピンク味が強すぎると、ちょっと恥ずかしい、目が腫れぼったく見えそう、という方でも安心の左下ブラウン。これをうっすらと上に重ねたり、ベースとして下に入れることで、赤やピンクが馴染み、腫れぼったくみえるのを抑えてくれます。

 

さすが人気ブランド、ルナソル。今回も売り切れ続出しそうな可愛さと、使いやすさです!

THREEの2018年3月発売、新ファンデを早速試してみた感想。

3月14日、THREEからまたしても素敵なベースメイクアイテムが登場します!

 f:id:beautywritermaruko:20180123105043p:image

まさに今の時代の気分を表現してくれた、ライトな仕上がりです。うす膜でピタリとフィットする質感。その人の肌の一部になって、血色が透けて見えるような、とっても自然な仕上がり。リラックスしていて、でも健康的。

 f:id:beautywritermaruko:20180123105052p:image

そんな理想の肌が作れるファンデーション、アンジェリック シンセシスファンデーション セラムです。そう、「セラム」とつくんですよ。美容液。朝出かける前に美容液を肌にのせるような感覚で、気持ちよく使えるファンデーション。

 

昨年発売のアンジェリック シンバイオシスファンデーションは、どちらかというと気持ちソフトマット目でしたが、今回の新ファンデはツヤやかで、よりナチュラル。肌負担を感じず、つけている方が肌の状態がいいというデータも。

 

f:id:beautywritermaruko:20180123105114p:image

ファンデーションは肌に悪いから。。。なんていう時代は終わったんですね。とっても頼もしいです。また、同時に発売になる、エアリフトスムージングワンドという口紅サイズのこのアイテム。実はメイクの上からのせるだけで、シワや毛穴などの肌の凹凸がカモフラージュされて消えてしまう。こちらもまたベスコスをたくさん受賞しそうなすごいやつが登場。

 

いわゆるシリコンで埋めていくタイプとは違う、もっとライトな質感。そしてラメは入っていませんが、のせるとすこーし明るく光を放ち、手品のごとく消えていく。これは突然の勝負の前、肌を急いで綺麗にしておかないとー!!というシーンで大活躍することと思います。

 

さらにアルティメイトダイアフェネス ルースパウダーというお粉も出ますよ。これはさらっとマット、でも透け感があって決して重くならない質感。油分多めの肌質の方は、このお粉をTゾーンにのせて使うのもおすすめ。乾燥肌さんは、粉をのせずにリキッドだけでもいいかも。

 

ファンデーションのスポイトが、かためにできていて、一滴の量が個人的にはやや多く感じてしまう点を除いては、仕上がりもとってもとっても綺麗! 個性重視の時代らしい、軽やかでヘルシーな肌に。これまた人気になりそうです。

 

 

キッカのちゅるんリップが今季も外せない!

おなじみ、キッカのメスメリックリップスティック。水の膜をまとったかのような自然なツヤ感。乾いて硬くしぼんだ唇が、保湿されてふっくらと広がるように。

 

 f:id:beautywritermaruko:20180114183517j:image

 

発色しすぎず、ほんのりと染まったような色の出方。全てが可愛くもあり、色っぽくもあり、やさしくて、生き生きとした印象に。

 

毎シーズン、楽しみにしていますが、今年の春夏カラー、メスメリックリップスティック39もフレッシュで春らしくて気に入っています。

 

春と言えば、新しい出会い、好印象欲しいですよね。日本人の肌色を計算し、くすまず浮かない程よい華やかピンク。あくまでも、その人の唇の一部になりすますかのような、なめらかな質感と自然な色づき。

 

これがあれば、新しい環境もこわくない。

 

 

KANEBOの新アイセラム、目元のシワに効果大!

昨年11月から12月にかけて、たくさんの新商品発表会がありました。
各社こだわりのアイテムが勢ぞろいで、2018年の美容業界も面白いことになりそう!

発表会のあと、早速使い出したコスメのうちのひとつに、KANEBO(カネボウ)のリファイニングアイセラムがあります。

 

f:id:beautywritermaruko:20180110111440p:image
この仕事をしていると友人からわりとよく聞かれるのが、「アイクリームってどこのがいい?」という質問。


アイクリームってあまり安いものでもないし、30歳過ぎてスキンケアのひとつに仲間入りさせるからには、やっぱり効果を感じるものであってほしいし、メイクものはドラッグストアで買っても、アイクリームはちょっと頑張りたいし。。。

そんな想いから、特別なひとつを選びたいという人が多いように思います。


ですが、最初から突っ走ると、「アイクリームってなんか使いにくいな」「やっぱりやめようかな」ということに陥る。

そう、実は使いづらいものも多いんですね。目周りのゆるみをピーンと張らせるためにテクスチャーが硬めのものも多い。


けれども毎日のお手入れだから、やっぱり肌にのばすときの感覚が気持ちよくないと続けたくないんです。

 

そういう意味で、個人的に今とってもはまっているのが、3月9日に発売になるこのアイセラムです。

構造は、肌を張らせるものではなく、柔らかくして動きやすくしてくれるもの。そして水分量、油分量を安定させてくれて、シワの入りづらい柔軟さと弾力、うるおいを実現させてくれるアイセラムです。お値段も7000円と高過ぎない。

 

「最近、目周りの老化が気になるな」、「アイクリーム始めてみようかな」という人には特に!! とってもオススメの気持ちがいい質感。

 

毎日続けやすく、目周りのパワつきやシワシワが大幅に緩和。あまりに使い心地がいいので、私は目周りだけでなく、法令線やおでこの横ジワにも使っています。

 

THREEのファンデーション、カバー力、質感、化粧くずれは?

ここ最近愛用しているファンデーションは、THREE(スリー)アンジェリック シンバイオシス ファンデーションです。

f:id:beautywritermaruko:20180102193111p:plain

ギラギラのツヤ肌でもない、パキパキのマット肌でもない、ふわっとしているのに自然な輝き感があり、適当に指でのばしただけで、クマやくすみも気にならなくなる、これぞまさに求めていた質感!

 

ジェルクリームのようなテクスチャーのリキッドで、肌にのせるとパウダーに。できるだけ肌にストレスを与えたくない、けれどもさすがにノーファンデでは表に出れないという30代以上には、特にオススメです。

 

紫外線吸収剤フリーなので、長時間肌にのせていてもノンストレス。朝から夜までれも気にならず、適度なカバー力もあります。

 

2018年、もっとキレイになりたい! まずは肌からキレイにしたい! ということで、年末からいろいろ試した結果に行き着いた、美肌効果抜群のファンデーションです。